オフィスに欠かせない

キーボードを打つ手

コピー機は今やオフィスには欠かすことができない道具の1つです。この機械が故障をしてしまうとさまざまな業務に支障が出てくることもあります。 そのためコピー機が壊れてしまった場合には、すみやかに修理をしてもらう必要があります。そんな修理を迅速に行ってもらうのに工夫すると良いのがメンテナンス契約です。オフィスなどではいくつものコピー機が稼働しているケースは多くあります。そこで、リースにしても購入するにしても1つの会社と修理まで含めての契約を結んでくのがよいです。1台や2台ではメンテナンス契約が割高になってしまいますが、複数台保有していればメンテナンスまで含めての契約ができます。こうすると修理なども早く来てくれます。

コピー機が壊れることによって困る場合には、できるだけ早い修理をしてもらうことができるシステムを作るのがよいです。 その中でも最近の修理システムとして増えてきているのが自動通知システムです。これはコピー機に異常が発生した場合、発生したことにだれかが気がついてからメンテナンスに来てもらうのではなくて、インターネットの機能を利用して自動的にメンテナンスメーカーに通知が行くシステムです。 この方法を利用すれば、最も早くメンテナンスの通知をすることができるので修理も早く来てもらうことが可能になります。また、どこが故障しているのかオンラインで分かるようになっているので、メーカーも故障内容を把握して来ることができます。